住居用洗剤を使い分けよう~家中ピカピカ大作戦~

素材に合わせて使い分ける

キッチンの掃除

お家の中には、様々なところに換気扇が設置されていることがあります。トイレ、お風呂場にも換気扇があるお家もありますが、1番掃除が大変なのが台所にあう換気扇です。台所は、コンロを使って調理をする場所なので、油がはねたり、湯気などの煙を吸い込んだりするので、他の換気扇に比べて汚れが付きやすくなります。また、その汚れも頑固なことが多く、掃除をする時は一筋縄ではいきません。ですから、台所の換気扇掃除を放置する人もいます。しかし、放置をしてしまっては、衛生的にも悪いですし、掃除が必要になった時に汚れを落とす時にとても時間と手間が掛かります。そうならない様に、定期的に換気扇の掃除を行なって、常に清潔に保つことが大切です。

換気扇掃除の時に使用する洗剤は、アルカリ剤か、溶剤と呼ばれている洗剤を使用すると良いでしょう。アルカリ剤は、頑固な油汚れに強く、こびり付いてしまった油汚れを分解して落としやすくしてくれます。しかし、換気扇の素材によっては傷みや破損の原因になることもありますので、気をつけましょう。アルミ製品は、アルカリ剤に弱いので、お家の換気扇がアルミ製品の場合は洗剤の成分をしっかりと確認しましょう。溶剤は、アルカリ剤の様に内側からでは無く外側からじわじわと汚れを溶かして行きます。また、金属製品にとても弱いので、金属製品の換気扇に使用すると、錆が発生する場合がありますので、注意しましょう。どちらも洗剤にしばらく浸けて置くと綺麗に汚れを落とせます。