住居用洗剤を使い分けよう~家中ピカピカ大作戦~

職人の技が光る

調理

堺で作られている包丁は、プロの料理人でも料理好きの人でもとても高い評価を得ています。職人が丹精込めて作った包丁は、長い年数をかけて使用出来ますし、メンテナンスをすることで買った当初と変わらない切れ味を出せます。

Read More...

素材に合わせて使い分ける

キッチンの掃除

換気扇の掃除に使用する洗剤は、換気扇に使われている製品の素材に合わせて使い分けることが大切です。素材に合っていない洗剤を使用すると、錆や破損の原因にもなります。

Read More...

製品に合った成分を選ぶ

洗剤

住居用洗剤には、様々な種類があります。住居用ということは、お家で使える洗剤を指すので、お家の色々な場所に適した洗剤を用途によって使い分けて使用することで、綺麗に掃除をすることが出来ます。住居用洗剤の中にはキッチンに向いているものがあります。キッチンは、料理に使用した油や調味料が壁や換気扇にこびりつくことがあります。油汚れは、通常の住居用洗剤では簡単には落とせません。ですから、油汚れに強い成分を配合した専用の洗剤を使用しましょう。そうすることで、頑固な油汚れを簡単に綺麗にすることが出来ます。また、リビングにはリビングにあった洗剤があり、フローリングや畳、壁、窓、サッシにはそれぞれに合う洗剤を使用することで、洗剤による傷みなどを防ぎ、材質を綺麗に保つことが出来ます。エアコンやテレビなどの電化製品に洗剤を使用して掃除をすると故障の原因に繋がる危険がありますから、家電に合った掃除方法を心掛けま

掃除をする時に、どんな住居用洗剤を使用したら効果的なのか知らずに掃除をしている人も多くいますが、知らずになんでも同じ洗剤で掃除をしていると、破損してしまったり、錆が発生してしまったりする場合があります。ですから、家電やお家の場所に応じて住居用洗剤を使い分けることが大切なポイントになるのです。最近では、家中どこでも安心して使用出来る洗剤も販売されています。ホームセンターや大型スーパーマーケットなどでも購入可能です。

農薬を洗い流せる

食材

野菜や果物は、食器用洗剤を使用して洗うことが出来ます。洗剤を使用して洗う目的として、農薬などを洗い流すことがあげられます。また、この方法は、戦後からの名残だと言われています。

Read More...